time-thief

 

1日24時間という時間はすべての人に平等に与えられています。

 

幸せな人生を送るためには、その時間をいかに有意義に過ごしていくかが大切になってきます。

 

最近は、人生100年時代と言われていますが、ここでは人生を90年とした時に、何にどのくらいの時間を使っているのか、確認してみます。

 

人生90年=788,400時間

人生を90年だとすると、

90年 ✕ 365日/年 = 32,850日

90年 ✕ 365日/年 ✕ 24時間/日 = 788,400時間

となります(うるう年は無視しています)。

 

つまり、1日過ごすと人生の32,850分の1を使ったことになり、1時間では人生の788,400分の1を使ったことになるわけです。

 

睡眠は人生の約3割、仕事は人生の約1割

1日平均7.5時間の睡眠を取ると仮定すると、人生のうち約3割の時間は寝ていることになります(246,375時間)。

また、20代から60代までの40年間、1日9時間、1年245日を仕事にあてたとすると、88,200時間、人生の約1割を仕事で過ごすことになります。

同様に、教育は、小学校から大学までの16年間、1日8時間で、1年245日を使うとすると、31,360時間、人生の4%ほどになります。

これをまとめると以下のようになります。

life-time-breakdown

つまり、睡眠、仕事、教育の合計で人生の46%程度になりますから、残りの約54%を

食事、入浴、洗面、トイレなどの生活、

そして、趣味、スポーツ、家族と、友人と、一人で、などの楽しみ

に使っていることになります。

 

life-time-allocation

 

人生の時間配分

みなさんは、人生の時間をどのように配分されますか?

 

ここでは、仕事を60代までの40年間と仮定しましたが、70代や80代まで働けるうちは働きたい、と考えている方もいらっしゃるかと思います。

 

また、「その他」の54%の部分ですが、ここをどのように使うかで、人生は大きく変わってくるのではないでしょうか。

 

それから、睡眠の31%。人生の3分の1くらいが寝ている時間なのであれば、寝具屋さんの広告ではありませんが、睡眠環境を快適にするためにお金を使うのは大切なのかも、と個人的には思いました。

 

人の価値観はそれぞれです。

 

自分が過ごしたいように過ごす、やりたいことをやる、そんな人生になると幸せな人生になるのではないかと思います。

 

 

皆様の資産形成の一助となれば幸いです。

お問合わせはこちらからお待ちしております。