こんにちは!

株式会社ウェルスペントのファイナンシャルプランナー、横田健一です。


money-plus

 

株式会社マネーフォワード様のメディアである「くらしの経済メディア MONEY PLUS」にて家計相談の記事を書きましたのでご案内させて頂きます。

 

具体的には、FPの家計相談シリーズの中で、

世帯年収1500万円の共働き夫婦の場合、住宅ローンを8700万円借りても大丈夫か?

というご相談についてアドバイスをしています。

 

住宅ローンを借りる、つまりマイホームを購入するという場合、住宅ローンの返済額以外にも、固定資産税・都市計画税、それからマンションの場合は、管理費・修繕積立金といった継続的な費用が発生します。

まずはこういった費用を見える化することが大切です。

 

その上で、今後のライフイベントを考えながら、収入や支出がどのように変化するのか、分かる範囲で予想しながら、どのくらいだったら現実的かという水準を考えていくことになります。

 

一方、万が一などのリスクに備えておくために、まずは社会保険や職場の福利厚生を確認、その上で必要に応じて民間の保険を利用しながらリスク管理を行い、安心して暮らしていくことが大切だと考えています。

 

ということで、詳しくは、ぜひ以下の記事をご覧頂ければと思います。

「借入額は適正か?世帯年収1500万の共働き夫婦の住宅購入」(MONEY PLUS, FPの家計相談シリーズ)

 

ちなみに、MONEY PLUSでのこれまでの記事と私のプロフィールも併せてご覧頂ければと思います。

 


皆様の資産形成の一助となれば幸いです。

資産形成ハンドブック(PDF版、冊子版)配布中です!

ブログをメールで購読できます。

弊社ではFPサービス(家計の個別相談など)を提供しております。

お問合わせはこちらからお待ちしております。