こんにちは!

株式会社ウェルスペントのファイナンシャルプランナー、横田健一です。


nam-next-funds

 

野村アセットマネジメント株式会社様の「NEXT FUNDS (ネクストファンズ)」専用サイトにて、新しいコラムを書かせて頂きましたのでご案内させて頂きます。

 

具体的には、以下の記事です。

ファイナンシャルプランナーが伝授する資産形成・資産活用としての株式投資(第22回)運用開始後のメンテナンス~「リバランス」と「リアロケーション」~(後編)【資産形成㉒】

 

前回は、アセットアロケーションを決めて資産運用を開始した場合に、実際の資産額がアセットアロケーションからずれてきた際に、もとに配分に戻す、「リバランス」についてご説明致しました。

 

一方、今回の記事では、時間が経過するにつれて(人生のライフステージが進むにつれて)、一度決めたアセットアロケーションそのものを見直す「リアロケーション」についてご説明させて頂きました。

 

一般的に、現役時代は多少リスクを取ってもできるだけ高いリターンが期待できるアセットアロケーション、現役引退後はリスクを抑えリターンもそこそこに抑えるアセットアロケーションがよいと言われています。

 

ぜひ今回の記事をご覧頂ければと思います!

 


皆様の資産形成の一助となれば幸いです。

資産形成ハンドブック(PDF版、冊子版)配布中です!

ブログをメールで購読できます。

弊社のサービス(家計の個別相談など)についてはこちらでご案内しております。

お問合わせはこちらからお待ちしております。