東洋経済新報社様の週刊東洋経済2019年6月15日号の「【特集】50歳からのお金の教科書」で記事を書かせて頂きましたので、ご案内させて頂きます。

 

今回の「【特集】50歳からのお金の教科書」の目次は次のようになっているのですが、具体的には、「ファンドラップ 高い運用成績を期待するな」(P.66-67)の部分を書かせて頂きました。

 

週刊東洋経済

2019年6月15日号
2019年6月10日 発売

【特集】50歳からのお金の教科書
退職しても余裕のある暮らしを送りたい。でも人生100年時代、年金だけでは少し足りず、自分で増やす必要がある。ではどうすれば? ライフイベントを見据えて家計を見直し、使う額、貯める額、投資する額をはっきりさせる。50代のための「お金の教科書」。

STEP 1 基本編
・人生100年時代  1億円は本当に必要か?
・50歳からお金を増やす貯蓄の5ステップ
・株式投資は予算30万円から 堅実派には個人向け国債も
・50代異色対談 村上世彰 × 漫画家 西原理恵子
・つみたてNISA と iDeCo 押さえておくべきポイント
・資産運用はじめて物語
・社会保障の専門家 権丈善一・慶大教授 「年金破綻論にだまされるな」
・50代なら知ってほしい 資産運用キーワード10

STEP 2 実践編
・リスクを抑えて高配当狙いに徹しよう
・ネット証券の選び方
・後悔する前に知っておきたい 株の買い方
・投信&ETF選びのコツ コストが運用成績を左右する
・信用取引を知ると株式投資の見方が変わる
・IPO銘柄への投資方法

STEP 3 応用編
・外貨建て保険     中途解約で大損の憂き目も
・終身保険、変額保険  長寿に保険で対応するのはよしたほうがいい
・仕組み債       VIXショックで大損害
・外債         リスクが高い割にはリターンが低い
・ファンドラップ    高い運用成績を期待するな

・初めての資産運用に役立つ お金の本20冊

 

https://str.toyokeizai.net/magazine/toyo/20190610/

 

ファンドラップの商品性についての説明や、利用する場合に気をつけるべきことなどを書かせて頂いております。

 

同特集では、

50代異色対談 村上世彰 × 漫画家 西原理恵子」では、西原家の3世代にわたるお金の話、

資産運用はじめて物語」では、初めてiDeCoをやってみた方の体験記、

社会保障の専門家 権丈善一・慶大教授 「年金破綻論にだまされるな」」では、社会保障制度研究の第一人者、権丈先生による公的年金保険についての事実に基づいた現状認識、

など、読み応えのある記事が掲載されています。

 

ぜひご覧頂ければと思います!

 

 


皆様の資産形成の一助となれば幸いです。

資産形成ハンドブック(PDF版、冊子版)配布中です!

ブログをメールで購読できます。

弊社のサービス(家計の個別相談など)についてはこちらでご案内しております。

お問合わせはこちらからお待ちしております。