こんにちは!

株式会社ウェルスペントのファイナンシャルプランナー、横田健一です。


nam-next-funds

 

野村アセットマネジメント株式会社様の「NEXT FUNDS (ネクストファンズ)」専用サイトにて、新しいコラムを書かせて頂きましたのでご案内させて頂きます。

 

具体的には、以下の記事です。

ファイナンシャルプランナーが伝授する資産形成・資産活用としての株式投資(第21回)運用開始後のメンテナンス~「リバランス」と「リアロケーション」~(前編)【資産形成㉑】

 

資産運用を始める際には、どの金融機関の口座にしよう?どの投資信託にしよう?などいろいろと調べながら決めていかれるかと思います。

 

そのように決めていく項目の1つとして、アセットアロケーションという考え方があります。株式、債券、不動産(REIT)といった資産をどういった配分で保有していくかを決めるものです。

 

運用開始前に一度はアセットアロケーションを決めて運用を開始するわけですが、実際に運用が始まると、資産の価格は日々変動しますので、実際のアセットアロケーション自体も当初決めたものからずれてきてしまいます。

 

そのように運用を開始して以降、アセットアロケーションをどのように維持、メンテナンスしていくか、ということが一つのポイントになるわけですが、アセットアロケーションを当初の比率に戻していくことを「リバランス」と呼んでいます。

 

今回は、「リバランス」の方法について具体的にご説明させて頂きました。

 

ぜひ今回の記事をご覧頂ければと思います!

 


皆様の資産形成の一助となれば幸いです。

資産形成ハンドブック(PDF版、冊子版)配布中です!

ブログをメールで購読できます。

弊社のサービス(家計の個別相談など)についてはこちらでご案内しております。

お問合わせはこちらからお待ちしております。