old-age-longevity

 

厚生労働省から平成30年簡易生命表が発表され、男性は81.25歳(前年比+0.16)、女性は87.32歳(前年比+0.05)と平均寿命が過去最高を更新したことが発表されました。

 

ということで、7月30日に公表された平成30年簡易生命表の概況(厚生労働省)を確認していきます。

 

平均寿命、平均余命とは?

まず、平均寿命平均余命といった言葉の意味を復習しておきましょう。

 

平均寿命とは

 

その年に生まれた0歳の子どもが平均してあと何年生きられるかを示した指標

 

です。

 

一方で、平均余命は、

 

特定のX歳の人が平均してあと何年生きられるかを示したもの

 

です。

 

ということで、(0歳ではない)普通の成人が人生設計で考えるべきは、平均寿命ではなく、平均余命ということになります。

 

では、平成30年簡易生命表を具体的に見ていきましょう。

 

主な年齢の平均余命

まず主な年齢ごとの平均余命を見てみましょう。

 

平成30年簡易生命表の概況(厚生労働省)より引用

 

表の見方ですが、

30歳の男性であれば、平均余命が51.88年となりますので、平均的には81.88歳まで生きることが期待され、

30歳の女性であれば、平均余命が57.77年となりますので、平均的には87.77歳まで生きることが期待される、

というわけです。

 

以下同様ですが、現役引退を意識するであろう65歳の平均余命を確認してみると、

65歳の男性であれば、平均余命が19.70年となりますので、平均的には84.70歳まで生きることが期待され、

65歳の女性であれば、平均余命が24.50年となりますので、平均的には89.50歳まで生きることが期待される、

というわけで、それぞれ平均寿命よりも男性は3.45年、女性は2.18年長くなっています。

 

特定年齢まで生きる確率は?

次に特定の年齢まで生きる確率です。

 

例えば、一番下の平成30年のデータで言えば、

左側の男性の場合、75歳まで生きる確率は75.6%90歳まで生きる確率は26.5%95歳まで生きる確率は9.6%ですし、

右側の女性の場合、75歳まで生きる確率は88.1%90歳まで生きる確率は50.5%95歳まで生きる確率は26.0%

となっています。

 

平成30年簡易生命表の概況(厚生労働省)より引用

 

 

ざっくり言うと、男性では4人に一人が90歳まで、10人に一人が95歳まで生きるということになりますし、

女性では2人に一人が90歳まで、4人に一人が95歳まで生きるということになります。

 

この特定年齢まで生きる確率ですが、次のグラフを見ると、基本的に右肩上がりで上昇し続けていることがわかります。

 

平成30年簡易生命表の概況(厚生労働省)より引用

 

主な国の平均寿命の年次推移

次に主な国の平均寿命です。

 

アメリカが数年前をピークに低下し始めているように見えますが、基本的にはどの国も上昇し続けていることがわかるかと思います。

 

平成30年簡易生命表の概況(厚生労働省)より引用

 

ということで、今年も日本人の平均寿命が過去最高を更新したことが確認されました。

みなさんが想像されているより、人生は長いかもしれません(今後もさらに寿命は伸びていくことが予測されています)。

 

健康の寿命お金の寿命資産寿命)も併せて考えながら、人生設計していきましょう!

 

3つの寿命を合わせて、幸せな人生を!

 

なお、昨年の同様の記事はこちらですので、よろしければ併せてご覧頂ければと思います。

男性は81.09歳、女性は87.26歳と、男女ともに平均寿命が過去最高を更新!長期的なライフプランを意識していきましょう!

 


皆様の資産形成の一助となれば幸いです。

資産形成ハンドブック(PDF版、冊子版)配布中です!

ブログをメールで購読できます。

弊社のサービス(家計の個別相談など)についてはこちらでご案内しております。

お問合わせはこちらからお待ちしております。