フツーの人にフツーの資産形成を!

どこに住むか。住宅を買うか、買わないか。(住宅)

  • HOME »
  • »
  • どこに住むか。住宅を買うか、買わないか。(住宅)

生まれる場所は選べませんが、大学入学、就職、結婚、出産などといったライフイベントをきっかけに住宅を選ぶ機会が増えていきます。

一戸建てに住むのか、マンションに住むのか。都心に住むのか、郊外に住むのか。

home-choice

都道府県別の1ヶ月家賃

いろいろな選択肢がありますが、ここでは総務省による「平成25年住宅・土地統計調査」から、都道府県別の1ヶ月家賃(住宅の種類問わず)を確認してみます。

 

rent-by-prefecture

 

結果はご覧の通り、東京、神奈川、埼玉、千葉と関東がトップ4を占めました。続いて、大阪、兵庫、京都といった関西勢が続いています。

 

rent-money

 

金額も、東京が77,188円とダントツで、2位の神奈川と1万円近く差があります。さらに、3位の埼玉もさらに9000円ほど下がり、その後は5万円台が9位の愛知まで続いています。

どこに住むかで家賃が大きく違ってくることがわかると思いますが、一般的には生活費の2~3割程度を占める大きな支出ですから、どこに住むかで支出水準が大きく変わってくることがわかるかと思います。

 

住宅を買うか、買わないか。

学生時代の下宿や、社会に出て一人暮らしを始めた頃の住宅は、ほとんどの方が賃貸だと思いますが、ライフステージが進むにつれて、住宅を買うべきかどうか、を検討する方が増えていきます。

ここでは、金融広報中央委員会による「家計の行動に関する世論調査[二人以上世帯調査]」(平成28年)から、持家・非持家の割合を確認してみます。

 

rent-buy-choice

持家・非持家の割合(2人以上の世帯)

 

まず全世代で見ると、7割強の方が「自分で購入」もしくは「相続・贈与」の形で、持家となっています。

 

そして、20代の持家比率は10%強ですが、年齢が上がるにつれて持家比率は上昇し、40代では半分以上の方が持家となっているようです。

 

住宅って、いくらなの?

最後に、気になる住宅価格を確認しておきます。

以下の表は、住宅金融支援機構による「フラット35利用者調査」(平成27年度)ですが、土地付注文住宅の全国平均が3897万円、建売住宅の全国平均が3319万円、そしてマンションの全国平均が4249万円となっています。

 

home-price

住宅の購入価格(「フラット35」利用者

 

家賃同様、住宅価格も地域、都道府県によってことなりますので、どこに家を買うかによって、その経済的負担は大きく変わってきます。

 

特に、賃貸であれば引っ越すことは比較的容易ですが、住宅を一度購入してしまうと、売却などは容易ではありません。よく「人生で一番高い買い物」と言われますが、住宅の購入に際しては、より慎重に判断していく必要があります。

 

住宅の選び方や、購入と賃貸などについては、改めて詳しくご説明しておりますので、そちらもご覧頂ければと思います。

 

次の記事は 結婚するには470万円?(結婚) です。

 

皆様の資産形成の一助となれば幸いです。

お問合わせはこちらからお待ちしております。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

ブログをメールで購読

ブログの更新情報をメールでお知らせ致します。

カテゴリー

アーカイブ

FB / feedly(RSS)/ Twitter

 

follow us in feedly

 

 

PAGETOP