フツーの人にフツーの資産形成を!

人生におけるお金の収支

人生100年時代と言われる昨今ですが、お金という視点から俯瞰してみましょう。

以下のグラフは、横軸に年齢、縦軸にお金の大きさを取ったものになっています。

 

money-through-life

 

早ければ10代後半、遅くても20代には、働き始める方が多いのではないかと思います。

 

余程裕福な家庭でもない限り、働き始める頃にはあまり資産はお持ちでないかと思います。グラフでも、オレンジ色の資産が最初はゼロから始まっています。

 

そして、現在では、多くの方が60~65歳くらいまで働いて収入を得ながら資産形成していくことになります。企業などにお勤めの方は退職金として現役引退時にまとまったお金が入る方もいらっしゃると思います。

 

現役引退後は、公的年金や企業年金等を受け取りながら、そして足りない分はそれまでに築いてきた資産を取り崩しながら、生活していくことになります。

 

つまり、勤労所得を得ている現役時代には、収入から一部を資産形成にまわしていき、現役引退後にはその資産を取り崩しながら生活していくことになるのです。

 

あまり不安をあおるつもりはありませんが、「宵越しの銭は持たねぇ」的な生活をしてしまうと、やはり老後に向けて安心とは言えないかと思います。

 

さて、資産形成にまわす収入の一部ですが、一般的には手取り収入の1~2割程度と言われることが多いです(きちんと計算したい場合にはライフプラン・シミュレーションをする必要があります。ライフプラン・シミュレーションについては、あらためて詳しくご説明致します)。

 

今、現役世代の方で、手取り収入から一部を資産形成にまわしていない方は、最初は少額でも構いませんので、次回のお給料日から早速積立貯蓄を始めてみましょう。

ちなみに、積立を継続させるコツは、天引きで行うことです。お給料が入ったら、その日に天引きや、自動引落などで一定金額を別の場所に移してしまうことで、最初からなかったお金として、生活するようになります。

withhold-for-building-wealth

逆の順番で、生活していって、給料日前の時点で余ったお金を貯蓄にまわそう、という発想ではなかなか貯蓄にまわすことはできません。積立貯蓄はぜひ天引きで行いましょう。

 

次の記事は  3つの寿命を合わせて、幸せな人生を! です。

 

関連記事

 

 

皆様の資産形成の一助となれば幸いです。

お問合わせはこちらからお待ちしております。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

カテゴリー

アーカイブ

FB / feedly(RSS)/ Twitter

 

follow us in feedly

 

 

PAGETOP