フツーの人にフツーの資産形成を!
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 投資信託

Tags : 投資信託

2014年NISA資産の出口戦略と定口数売却

  2014年から始まったNISA(少額投資非課税制度)は活用されていますでしょうか?   活用されている場合、   「株式を買ったけど、もうすでに売却しちゃった」   「投資信託 …

nisa-selling-exit-strategy

資産活用期では運用しながら引き出すことでお金の寿命を伸ばしましょう!

天引き貯蓄で資産形成していく場合、積み立て総額が同じなら、できるだけ早くから積み立てを始めた方が、より多くの資産を形成できることを確認しました(以下の記事です)。   天引き貯蓄でお金を増やす資産形成は早く始め …

coins-1523383_1920

天引き貯蓄でお金を増やす資産形成は早く始めた方がダンゼン有利です!

最近は、人生100年時代とよく言われていますが、 いつまで働くことになるのだろう? 老後のお金は大丈夫なのだろうか? 認知症や要介護になったらどうなるんだろう? と、いろいろ不安をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。 …

money-2696234_1920

【ご質問頂きました!】時価総額ポートフォリオと等金額ポートフォリオはどちらがよいのか?

  ご質問を頂きましたので、早速回答させて頂きます。   まず頂いたご質問を紹介致します。 時価総額インデックスは時価総額が大きい企業の株価変動影響を強く受ける、等金額ポートフォリオは時価総額が小さい …

achievement-18134_1920

世界の株式に幅広く投資するなら時価総額ベースがオススメな理由(4)

「世界の株式に幅広く投資するなら時価総額ベースがオススメな理由」ということで、3回ほど続けてきましたが、今回でいったん最終回としたいと思います。   最終回は、少し細かな補足を中心にしていきます。   …

graph01_circle

世界の株式に幅広く投資するなら時価総額ベースがオススメな理由(3)

  本日も引き続き、世界の株式に幅広く投資する際に、日本、先進国、新興国の株式をどのような割合で保有するのがよいか、について考えていきます。   昨日までの記事はこちらですので、まずはこちらをお読み頂 …

graph01_circle

世界の株式に幅広く投資するなら時価総額ベースがオススメな理由(2)

  昨日に引き続き、世界の株式に幅広く投資する際に、日本、先進国、新興国の株式をどのような割合で保有するのがよいか、について考えていきます。   昨日の記事はこちらですので、まずはこちらをお読み頂けれ …

graph01_circle

世界の株式に幅広く投資するなら時価総額ベースがオススメな理由(1)

  投資信託やETFを利用すると、誰でも手軽に世界の株式に幅広く投資することができます。 その時に、日本、先進国、新興国をどのような割合で保有するかというのが一つのポイントになります。 等金額?時価総額?GDP …

graph01_circle

投資信託の保有コストの効果を検証!保有コストが2%なら40年で元本の半分以上に!

  つみたてNISAの対象商品を確認すると、同じインデックスに連動する投資信託であっても、信託報酬が低いものもあれば高いものもあることがわかりました。   今回は、投資信託の保有コストが異なることで、 …

cost_cut_sakugen_samurai

世界の株式に幅広く投資する方法(4)~金融機関でつみたてNISAの対象商品から商品を選ぶ~

世界の株式に幅広く投資する方法として、これまで3回にわたって、つみたてNISAの対象商品から具体的に商品を選ぶ方法についてご説明してきました。   最終回となる今回は、すでに利用している金融機関がある場合に、ど …

global
1 2 »

アーカイブ

FB / feedly(RSS)/ Twitter

 

follow us in feedly

 

 

PAGETOP